食事

腎臓病食なら毎日安心|便利な宅配サービスの利用

この現代病を治す

年長者

なぜ多くの人がなるのか

高血圧とは基準値があり、これより高い数値が続く場合を言います。最高血圧が140以上、最低血圧が90以上の事です。最高血圧というのは心臓が収縮した時で、また最低血圧というのは心臓が拡張した時の数値です。なぜ、高血圧になるのでしょう。一般的な話では何も病的な事がない場合塩分の摂りすぎ太りすぎ、ストレス、加齢です。医師からも一番初めに注意されるのが塩分なのです。なぜでしょう。これは年齢にも関係ある事で高齢の場合塩分を多く摂ると、それを処理する事ができずに腎臓に入り尿としても出せずに溜まってしまいます。腎臓は塩分にとても弱いので腎臓と高血とは深い関係にあると言われています。そこで食事の基本は塩分を控えめにした方がいいという事なのです。

自然なものを摂り入れよう

高血圧の場合は、食事療法が一番有効となります。どのような食べ物を中心にしたら良いのか。まずは、肉類を減らす事から始めましょう。これが食事療法の基本です。肉類を多く食べると血管内の壁に蝋みたいな油が付き血管の中を細めてしまいます。食事療法として大事なのはつとめて自然でいいものを摂るという事が大切です。例えば、お米はなるべく色が付いたもの、玄米など、日本そば、根菜類である大根、レンコン、ゴボウまた、豆類もとても良くクルミ、ゴマ、黒豆など。あとは季節の野菜を多く摂り入れた食事療法をするようにしましょう。しかし、人間にとって塩分は必ず必要です。1日大人、普通の人で10g。高血圧の人は5gくらい摂ると良いです。腹八分目。これもとても大事です。